◉一人芝居フェスティバル
APOFES2018出品作品
『けつろ』
作・演出 福永マリカ
出演 関森絵美
1月17日(水)17:30
21日(日)19:00
28日(日)16:00
@千歳船橋APOC THEATER
¥1500
ご予約はこちら


日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
1月6日(土)、20日(土)9:00
ご予約はこちら

◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2018年1月23日

ひだまりのなかま

ひのでているあいだは

そとへでて、なかまに会う。

あそんだり

いっしょになにかをつくってみたり

おはなししたり

どろんこになったり

ときどきけんかして

きずつけあったり

ひとりでつまずいてすりむいたり

たすけてもらったり

めいわくをかけたり

だいじょうぶだよっていったりする。

ひがくれると

へやへかえって

そのひのぜんぶを

しずかにだきしめる。

すいこむように、なだめるように

ぜんぶをうけとめるように

だまってだきしめる。

だまってだきしめると

たくさんのことばや、からだのうごめきが

よみがえってくる。

たまにそれがうずいていたいけれど

だきしめる。

うんとだきしめる。

じぶんのいたみになれてゆく。

だれかのいたみにも
ほんのすこしだけなれて

だまってだきしめられるようになる。

2018年1月22日

雪見酒

喫茶店で席に座るときに

ここはいやだとか

ここはいいとか

わかるようになってきた。

それに

そうおもったままにえらべるようになってきて、うれしい。

いつもそういう感度が正しくあってくれと思う。

そういう正しさがあってくれと思う。



さて大雪ですね。

街が白いと誰だかわかりません。

化粧映えしています。

2018年1月21日

明らめる


このあいだ
ことばの海を泳ぎに行った。

うーん
川かも。

川遊び。

それはそれは心地よい時間で
何時間でも浴びていたいと思った。

だんだんことばが
ことばのようで
ことばじゃなくなってみえてきて

ひとつひとつ
つぶだった
つみきみたいにみえてきた。

歩くつみきみたいにみえてきた。



ことばあそびは
1円もかからないし
つみきみたいにも
あやとりの紐みたいにも
水風船みたいにもなってくれるし

わたしはいいあそび道具を知っているなとおもった。

そういうことばとなら

かわいいなって
きれいだなって

わたしのみたい景色のなかであそべるのに

時々ことばは飛び越えて

見たくなんてない景色まで連れてくるようだよ。

見たい景色を見るために
ことばと生きてるつもりだったのに

びっくりしたよ。

その先の景色を
ことばの方が先に
知っているのかもしれないと

夢みたいな希望を
だれかの詩を読んで思ったよ。



----------

さきほど
関森絵美ひとり芝居『けつろ』
二度目の公演を終えました。

ご来場いただいたみなさま
ありがとうございました。

この作品、お客さんにみていだくにあたって

予想通りだったことと
予想外だったことが

ちょうどひとつずつあります。

予想通りだったことは
届いたり届かなかったりすること。

予想外だったことは
届かないことに、まだ自分がすこし苦しかったこと。

届く人に届く鋭利ななにかを研いできた
そのつもりなのに

もっと何年も前にちゃんとあきらめたはずなのに

ちゃんと痛かったこと。

だから今、この日々の中で

ちゃんとあきらめがつかないこと
そのものにちゃんとあきらめがついた気がします。

たぶんこれからも
どうしようもないことを
どうしようもないままに
続けてゆくんだと

あきらめがついた気がします。


しおしょうがらーめん


しおしょうがらーめんを
つくり、たべる。

なんと淡白な造形。



きのうは
関森絵美ひとり芝居「けつろ」の稽古場に
山岡竜弘さんが来てくださった。

だれかがみてくれることの
ありがたみと重要性を

今回はいっそうかんじる。

山岡さんは父のような師のような
まなざしとことばでねぎらってくださった。



なぜこの作品をやっているんだろうとかんがえた。

もうかんがえないことにした。

おわったら、かんがえたりしよう。

いや、おわったらなおさら
かんがえないほうがいいかもしれない。

きっとなにかをさらにするために
ここに立っているのだけど

さらにするために
淡白になるつもりが
一番複雑で混沌とした
澱のなかをとおりぬけなくてはならなかったようで



そうだねえ。

今夜、ですね。

関森絵美ひとり芝居「けつろ」
脚本・演出 福永マリカ

1月21日[日]19:00
当日券あります。
18:40開場

千歳船橋APOCシアター
世田谷区桜丘5−47−4
小田急線千歳船橋駅より3分

2018年1月19日

マイヘヤイズグット

年末からはじめた模様替えが

きょうやっとおわった。

おわったーと思った瞬間

おわったねーって陽がさしてきた。

やさしい。

なんだか結局

一年前くらいのレイアウトなんだけど

色味がかわったのでとてもうれしい。

とてもすきないろで構成されている。

部屋がいいってのは、いい。

とてもいい。

もうそれしかでてこない。いい。

みていて心が満ちるというのは
やっぱりとてもたいせつなことだとおもう。

わたしだけが気に入っていればいい
わたしの部屋。

ここからだれかに
会いに行く。

あしたは朝劇。

朝劇下北沢
『いつものいつか』
脚本 福永マリカ
演出 原将明

1/20(土) 9:00
上演時間一時間弱

場所
CAFE VIZZ
世田谷区北沢2-23-12
下北沢駅南西口徒歩1分

朝食・ドリンク付き
3000円

2018年1月18日

無題

部屋の模様替えは続いている。

物が少ないのが好き。

なんでだろう。

余白のないのは少し、息苦しく感じるから。

できるだけ陽の入った時
影のできる隙間が欲しい。



あんまり情報を伝えないで欲しい。

今のことがわからなくなってしまうから。

あんまり表さないで欲しい。

うずまくものがみえなくなってしまうから。

と、そういう歌や詩ばかりにこころがとまる。



それなのに書いているね雑記。

満ちていると思う時は大抵、行き過ぎている気がするから

欠けていると思えるような隙間が欲しい。

それなのに

ことばにことばをついでしまうね。



ことばをこえられるものがうらやましくて
音楽やダンスになりたかった。

谷川俊太郎さんだって

詩は言葉を越えられないって言ってたと思うしなあ。

それなのに

ことばでことばをこえようとしてしまうんだよな。

2018年1月17日

死ぬかと思った



死ぬかと思った。

ひとり芝居『けつろ』
初日を終えて。

ご来場いただいた皆様。
ありがとうございました。

でも本当に死ぬかと思ったのは
身体を晒されていた
関森絵美だと思います。

今は帰宅して

もやしとねぎとえのきと豚肉を蒸して

ポン酢で食べて

もったいないからと返しそびれたレンタル DVDをみて

集中できずに文章を書いているところです。

明日も起きたら、洗濯をしなければ洋服が足りないし

波だった心拍数を
平熱の雑務で
なだめてゆくことにいたします。

かさねがさね
ごらんいただいたみなさまに
心からのお礼を申し上げます。

あと二回、です。



関森絵美ひとり芝居
『けつろ』
脚本・演出 福永マリカ

1月21日(日)19:00
28日(日)16:00

千歳船橋APOCシアター

チケット
1500円
http://ticket.corich.jp/apply/87739/014/