日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
3月、朝劇下北沢200回記念&千秋楽公演!
ご予約はこちら

◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2015年7月28日

ほほ絵美がえし

「あなたに逢いたくて下北沢」@下北沢ろくでもない夜


たくさんのひと、ひと、ひと、があつまって大成功でした。

打ち上げ花火みたいな夜になりそう、という予想が驚くほどに的中して

出演者のみなさんも、集まってくださったお客様も、ろくでもない夜のみなさまも、

ひとりひとりの大切なものを持ち寄って、それが、ここで花咲いたようにみえました。

そしてそのひとりひとりに、ちゃあんと企画の関森絵美さんの姿がうつってみえて。

みんなが同じものを見たくてここにいるんだな、ってこと、こんなに感じたのははじめてでした。

絵美さんのライブは、地面から湧き出るみたいなパワーで、

いま絵美さんが目の前にしてること、よろこびも悲しみもくるしみもたのしみもぜんぶ、たち向かっていく姿にふるえたなあ。


わたしは、はじめっからさいごまで、わくわくが止まらなくて

全身の細胞がはじけていくみたいで。

やりたいこと、できること、みたいもの、すきなもの、細胞の中に眠っていたぜんぶがはじけてよみがえりました。

弾語り、ウクレレ、絵美さんバンドとのライブ、山岡竜弘さんとつくった物語のリーディング。

その人としかできない、その瞬間しかできないことをめいっぱい。

おもいがつのりすぎて、言葉じゃ足りないけれど

めいっぱいやったら、これからが見えました。

つぎはどこにいこうか、そんなことばがうまれるラスト、しあわせでした。


かえりみち、絵美さんと山岡さんから、まっさらな絵本をもらいました。

「すきなものかいてね」

これからをつくる最高のプレゼントみたいな1日でした。

最後の最後まで、おなじ場所で、おなじ時間をみとどけてくださったこと、本当に感動しました。

心の底の底から、ありがとうございました。

またこうして、心で逢えるひとときを作れるよう、たのしい!を追究してゆきます!

ありがとうございました!!