日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
3月、朝劇下北沢200回記念&千秋楽公演!
ご予約はこちら

◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2015年8月25日

おんぶにだっこ、そしてハグ

むかしっからたぶんわたし、ワンマン野郎で

あれもこれもわたしがやる!ってタイプでした。

でも、いざほんとうにワンマン企画をやることになった今、やさしいひとの助けをかりてばかりいて。

わたしが転ぶ前に、じぶんの転んだ経験をはなしてくれるひと

わたしの体が分身したみたいに、たくさんの力を貸してくれるひと

わたしの目が回りそうな時に、一緒に目をまわしてもとどおりみたいにしてくれるひと

わたしの息がきれそうなときに、深呼吸させてくれるひと

たくさん、たくさん、いて。

ああ、すごいなあ、と、日々。

わたしが今までひとりでなんでもやろうとしたがったのは

たぶんただ、何かに背を向けるほうがこわかったからで

わたしが目力強いねって言われるのも

たぶんただ、目をつむる間がこわかったからです。

いまだってそうだけど、でも、

わたしが目をつむるあいだに見ててあげるね、っていってくれるひとたちがいて

これからもっとちゃんと、
なにかみえたりするかもしれないなとおもってます。

わたしをだめでいさせてくれるひとがいると、わたしはなんだか、ほんとうに強くなれるかもしれないなあ。