日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
3月、朝劇下北沢200回記念&千秋楽公演!
ご予約はこちら

◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2015年8月5日

めぐりのめぐみ


CDショップめぐりをして

CDって触れて、目に見えるからうれしいよねってこと、あらためておもった。

大好きな柴田聡子さんのCD、キラキラのジャケット、いつ眺めても大好きで

その気持ちと音楽がセットになって、また大切になる。

わたしのCDもそうなりますように、と、ゆめみたいにおもった。

それから、電車に乗って、それぞれの街へゆき、それぞれのお店まで歩くなかで

たくさんの人を見て、どんな風にこのお店にたどりつくか、も、かんじて。

なんだかとにかく、自分の足で歩いてよかったなあと、こころからおもったんだよなあ。

あたまじゃなくて、こうしてからだをつかって、

とにかく肌で感じて
たくさんの人と触れて

角が取れてくみたいなかんじがして。

あたまばっかりつかってると、ありもしない柱を立てて大きくなろうとしてしまうけど


からだをつかうことのくりかえしで、
川辺の石みたいにまあるくちいさくなっていけたら、すごくいいなっておもった。

そうおもえたことが、すごくすごく、うれしくって、ああ、よかった。

歩いていると、信じられないくらいすてきなことが降ってきたりもする。

でも自分の目で見ておもったことは、信じていいって、そろそろおもう。

似て非なるものや、表裏一体のもの。

まちがえることはたくさんあるけど。

たくさんまちがえて、きょうもまちがえて

でもすこし、見分けがつくようになったかも、とか。

行きたい場所とそっくりの、ほんとは全然ちがう場所には、そろそろいかなくて大丈夫だよって。

ひるがえりつづけるその場所は、
いつだってほんとうで、ほんきだし

流されて流されて、どこへでもゆこうよね。