点描の展望

品位がたいせつ

とおもってても、そこにこめる意味はみなちがうのだなあ、ということを知る。

うつくしい、とか、品がある、とか、すてき、とかおもうものはひとりひとりちがうから

ことばのうえでかさなっても、あまり信じるにふさわしいわけではない。

でも、答え合わせとしてのことばというか

かさなったそのときに、同じことばがうまれると、すごくうれしい。

このごろはそういう瞬間に会えることが少し増えたように思う。

会えてよかったっておもったり、
そんなふうにいってもらえたり、

それってなにものにも代え難いほどしあわせで

夢みたいなこと。

生きていくためのお金や将来の展望!みたいなことを、考えさせられる瞬間もたまに訪れるのだけど、

こういう瞬間に会うと、わたしの生きていくことのうれしみがどこにあるのかよくわかる。

そういうちいさくてたしかなところに、毎日ピンをさしてあるいてる。

いつか遠くまで歩けたら少し振り返ってながめてみたい。

そのときには、そのたくさんのピンが、気に入りの絵になってるといい。

人気の投稿