日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
3月、朝劇下北沢200回記念&千秋楽公演!
ご予約はこちら

観劇三昧下北沢店1周年記年イベント参加
『路上演劇祭』
2月17日 13:00〜13:30
@観劇三昧下北沢店前
(福永不参加)

トークとライブのイベント開催
『朝の会』
2月24日(土)9:00
@CAFE VIZZ
ゲスト:おとなり
チケット発売は2/7


◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2015年9月3日

点描の展望

品位がたいせつ

とおもってても、そこにこめる意味はみなちがうのだなあ、ということを知る。

うつくしい、とか、品がある、とか、すてき、とかおもうものはひとりひとりちがうから

ことばのうえでかさなっても、あまり信じるにふさわしいわけではない。

でも、答え合わせとしてのことばというか

かさなったそのときに、同じことばがうまれると、すごくうれしい。

このごろはそういう瞬間に会えることが少し増えたように思う。

会えてよかったっておもったり、
そんなふうにいってもらえたり、

それってなにものにも代え難いほどしあわせで

夢みたいなこと。

生きていくためのお金や将来の展望!みたいなことを、考えさせられる瞬間もたまに訪れるのだけど、

こういう瞬間に会うと、わたしの生きていくことのうれしみがどこにあるのかよくわかる。

そういうちいさくてたしかなところに、毎日ピンをさしてあるいてる。

いつか遠くまで歩けたら少し振り返ってながめてみたい。

そのときには、そのたくさんのピンが、気に入りの絵になってるといい。