日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
12月23日(土)30日(土)9:00〜
ご予約はこちら

朝劇下北沢プロデュース
『夜に生きて、』(出演)
作・演出 松澤くれは
@CAFE VIZZ
12月16日(土)9:00〜
完売いたしました。

◉日本劇作家協会主催リーディングフェスタ
『食べるを読む』
12月16日(土)
@座・高円寺
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』
上映会&ライブ
12月17日(日)18:30〜
@下北沢・近松
詳細はこちら

◉一人芝居フェスティバル
APOFES2018』出場決定
作・演出 福永マリカ
出演 関森絵美
1月17日(水),21日(日),28日(日)
@千歳船橋APOC THEATER
ご予約はこちら

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2015年10月16日

ピントくる

暮らしの中では、なにを持っておくかよりも、どこに焦点を当てるかってことが大事なんじゃないかなっておもった。

なにを中心にまわるのか

その一点さえあれば、いくらでもゆらぐことができるんだな。

曖昧や混沌を、それをそれとして、そのままで、ながめることができるんだな。

なんて、前にも言った気がするな。

何度思っても忘れちゃうのはきっと、その点が移り変わることがあるからで

それはそれで、間違ってないことなんじゃないかな、と、かすかに思ってる。


ぐん、と、まなざしの向くところが浮き上がって、

そのほかのことがきちんと、背景として平らになってゆく。

新しい感覚が、すごくうれしい。


稽古をしていて気づくことは、きっと日常にもいえることで

ほう、なるほど、とおもいながら、凝縮された人の時間を生きている。