日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
12月23日(土)30日(土)9:00〜
ご予約はこちら

朝劇下北沢プロデュース
『夜に生きて、』(出演)
作・演出 松澤くれは
@CAFE VIZZ
12月16日(土)9:00〜
完売いたしました。

◉日本劇作家協会主催リーディングフェスタ
『食べるを読む』
12月16日(土)
@座・高円寺
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』
上映会&ライブ
12月17日(日)18:30〜
@下北沢・近松
詳細はこちら

◉一人芝居フェスティバル
APOFES2018』出場決定
作・演出 福永マリカ
出演 関森絵美
1月17日(水),21日(日),28日(日)
@千歳船橋APOC THEATER
ご予約はこちら

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』
ご視聴はこちら

シンクロリウム『ロングスリーパー』
ご視聴はこちら

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2015年10月15日

かたちのかたち

こどものころ、
お湯と水を交互に少しずつ入れてぬるま湯をつくるとき、それをしましまと呼んでいました。

お湯と水が少しずつ層になって重なっていくイメージだったんだとおもいます。

たぶんそんな時代からはじまって、

おもったことやかんじたこと、みたものが
同時に、図形や立体型になってあたまにうかぶようになりました。

何かと何かの距離感や、温度差、質感、位置関係

そういう感覚が一気にかたちになって、イメージとしてあらわれます。

とっても説明しにくいのですが、

たとえば何かの舞台を見たときに球体がバン!と浮かんだりするわけです。

それは登場人物の関係性だったり、
脚本の構造だったり、
そこに流れる時間や空間だったり、
見ている観客から感じるものだったり、

全部が重なって生まれるイメージで。

そこにある、いろんな要素に一貫した感覚があると、よりはっきりとひとつの図形がうかびます。

そしてそれを感じるものが、わたしはすごくすきみたいです。

ほんとうにこころふるえるものって、そういう、言い得ない重なりがある気がしていて

実は奇跡的に出来上がっている空間、時間、人・間、があるってこと、

みのがさないように、みつめていたいです。

抽象論でしかないんだけど、
抽象が具体的に目に見えている場合もあって、

だからそれを書き出す日々です。

私のための雑記です。

頭の中のスケッチです。