このたび、株式会社ギフトに所属いたしました。

『下北LOVER』千秋楽!
@下北沢CONA
8月31日(木) 9:00
ご予約はこちら

『いつものいつか』(脚本)
@下北沢CAFE VIZZ
8月20日,27日(日)9:00
ご予約はこちら

◉芝居とトークの60分
『関口と◯◯の女』
第一夜『雨の女』
作・演出 ジェントル
出演 関口アナム、福永マリカ
9月14日(木)SARAVAH東京

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』
ご視聴はこちら

シンクロリウム『ロングスリーパー』
ご視聴はこちら

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2015年11月10日

ぴゅあぽぴゅらりてぃ

自分のポピュラリティーについてかんがえることがわりとよくある。

わたしはわりとポップな顔立ちだと思ってるし(ポップな顔立ちって何)、
ポップな事務所に所属していたひとでもある。

けど、たぶん自分のポピュラリティーについて考えざるをえないということは

さほどポップにうつっていないんだな、ということも、すこし承知してる。

これはなにがいいわるいのはなしじゃないし

わたしはそういう分類のようなものが結構苦手なのだけど

だけど、どう映るか、という問題は常に実際に存在してることは、わすれられない。

あとわたしがポップじゃないとしたらそれは、人にやさしくないところがあるからじゃないかなって、反省したりもする。

おもうことをかたちにする

それはじぶんのなかでは特に突飛なことではないし

けどわたしにとってわたしがふつうなのは、あたりまえのことだから。

わたしは、なるべくポップなものをつくりたい。

人に何かを渡すなら、それはなるべくポップでありたい。

こういうときのポップっていうのは、そうだなあ

やあ!とこころにとびこんできて、
なおかつずっとどこかに住み着いてる
そんなイメージ。

丁寧で、するどいけどやさしくて、すとんと落ちて、ついついおもいかえしちゃう

そういうかんじ。

つまりは、人にやさしい人でありたいって、それに尽きます。