日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
3月、朝劇下北沢200回記念&千秋楽公演!
ご予約はこちら

観劇三昧下北沢店1周年記年イベント参加
『路上演劇祭』
2月17日 13:00〜13:30
@観劇三昧下北沢店前
(福永不参加)

トークとライブのイベント開催
『朝の会』
2月24日(土)9:00
@CAFE VIZZ
ゲスト:おとなり
チケット発売は2/7


◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2015年11月12日

あさを起こす

すこやかになまなましいものがすきです。

そのなまなましさっていうのは

生活のかおりみたいなもので

そうだなあ、ひだまりとか、畳とか、赤ちゃんのかおりがするものがすきです。

ただきれいとか
ただなまめかしいとか
おどろおどろしいじゃなくて、

これはけっこう、大切にしてる感覚です。

あれじゃなくて、これ、

みたいな微妙なすきのセンサーはわりとはたらくようになったのですが

それを自分が作品というかたちとして打ち出せるか、というのはとてもとてもむずかしい問題です。

わたしは文字をデザインとリズムだと思って普段置いていますが

脚本となったときには、リズムはあらわれても、デザインはあらわれません。

こんどは、文字の上ではない、空間をデザインすることがたぶんたいせつです。

朝劇下北沢の脚本を書くにあたってすごくたいせつにしたいのはそのぶぶんで

空間を文字に封じ込めるのがわたしのできることなんじゃないかなあ。

あとはその瞬間に立ち起こってくれるとおもうから。

ことばの意味、みたいなのは、ほんとうは二の次でいてほしいです。