つくるーぷ

何かを作るって、黙々と机に向かうことだと思ってたわたしは

大学時代もなかなか筆が進まず、書きたい文章を書けずにいました。

だけどこのごろおもうのは

つくるってひとりじゃないってことで

誰かや何かをおもってつくれば、無限に湧いてくる予感がしています。

そんなことを気づけた、朝劇下北沢『朝が起きたら』

そして、そのストーリーが、また新たなストーリーをうみだしました。

4日の『とびだせ!福永マリンパーク』内でおこなった山岡竜弘さんの一人芝居。

『朝が起きたら』のスピンオフとして書いたもので、タイトルは

『めでたいひと』。

勝手に息づいた登場人物たちがまた新たな日常をうみだして、一人がそこに立っているだけでくっきりと他のひとの影も見える。

発見でした。

いないものの姿を想像できたり

ない場面を想像できるって

ゆたかでどきどきするあそびだなあ。

山岡さんの、いるだけで微笑ましいキャラクター。

朝劇を知るひともそうでないひとも温かく見守ってくださって、また役に体温が吹き込まれました。

人気の投稿