日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
12月23日(土)30日(土)9:00〜
ご予約はこちら

朝劇下北沢プロデュース
『夜に生きて、』(出演)
作・演出 松澤くれは
@CAFE VIZZ
12月16日(土)9:00〜
完売いたしました。

◉日本劇作家協会主催リーディングフェスタ
『食べるを読む』
12月16日(土)
@座・高円寺
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』
上映会&ライブ
12月17日(日)18:30〜
@下北沢・近松
詳細はこちら

◉一人芝居フェスティバル
APOFES2018』出場決定
作・演出 福永マリカ
出演 関森絵美
1月17日(水),21日(日),28日(日)
@千歳船橋APOC THEATER
ご予約はこちら

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2016年6月13日

進展地

ある場所に、1年ぶりに足を踏み入れた。

そのかおりをかいで

ああ、なつかしい場所のかおりだ

とおもった。

そして、

ああ、なにかがうごいたのだな

とおもった。

場所、と、人

というのは密接で

たとえば江ノ島にいる人には、江ノ島に行かないと会えない。

そんな当たり前が織りなす、偶然と必然でできている毎日で

わたしは明日を探したりしてる。

いろんなことの正解がわからなくなったとき

「下北沢という町だけは信じてみよう」

とおもった。

わたしは下北沢がすきだし

下北沢の町がすきなひとが、すきだから。

だから、ここからはじめようって、おもった。

そこからはじめたある日が

また別の場所へ届けてくれて

下北沢がわたしを、送り届けてくれるような予感がした。今日。

「帰れる場所があるから、どこにでもいけるよ」って

いつかのじぶんが書いたセリフに、
太鼓判をもらった。