このたび、株式会社ギフトに所属いたしました。

『下北LOVER』千秋楽!
@下北沢CONA
8月31日(木) 9:00
ご予約はこちら

『いつものいつか』(脚本)
@下北沢CAFE VIZZ
8月20日,27日(日)9:00
ご予約はこちら

◉芝居とトークの60分
『関口と◯◯の女』
第一夜『雨の女』
作・演出 ジェントル
出演 関口アナム、福永マリカ
9月14日(木)SARAVAH東京

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』
ご視聴はこちら

シンクロリウム『ロングスリーパー』
ご視聴はこちら

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2016年7月6日

うつくしのえそら

すきな映画や舞台や音楽に出会えて

すごくしあわせにおもう。

自分の現実に直接は関与しないひとやものが

こんなにもわたしの現実をうつくしくしてくれるなんて

っておもうくらい。

こんな無意味なことが

こんなしあわせにしてくれるんだって知って

芸術のこと、はじめて本気ですきになったきがする。

芸術は嘘をつかない。

よそ見をしない。

きちんとわたしの現実にかえしてくれるし

照らしてくれる。

認めてくれるし

許してくれる。

きのうのこと、いまのこと、あしたのこと

きちんと向き合って、愛せるようにしてくれる。

現実に目をそらせるから愛せるんじゃない。

それを実感した。

『一人だったわたしを救ってくれた音楽』みたいなのだってもちろんすばらしいっておもってた。

だけど

『誰かと生きようとするわたしを許してくれる芸術』も

ちゃんと、そこここに、あったんだなあ。