うつくしのえそら

すきな映画や舞台や音楽に出会えて

すごくしあわせにおもう。

自分の現実に直接は関与しないひとやものが

こんなにもわたしの現実をうつくしくしてくれるなんて

っておもうくらい。

こんな無意味なことが

こんなしあわせにしてくれるんだって知って

芸術のこと、はじめて本気ですきになったきがする。

芸術は嘘をつかない。

よそ見をしない。

きちんとわたしの現実にかえしてくれるし

照らしてくれる。

認めてくれるし

許してくれる。

きのうのこと、いまのこと、あしたのこと

きちんと向き合って、愛せるようにしてくれる。

現実に目をそらせるから愛せるんじゃない。

それを実感した。

『一人だったわたしを救ってくれた音楽』みたいなのだってもちろんすばらしいっておもってた。

だけど

『誰かと生きようとするわたしを許してくれる芸術』も

ちゃんと、そこここに、あったんだなあ。

人気の投稿