ひとでなし

写真 橋本恵一郎

とっても悪夢を見た。

夢の中

信じられないくらいのショックな事態の中

頭の一部はひんやり冷静に

いま、わたしが、こう振る舞うと、こうなる

ということを考えていることに失望した。

だけど案外そんなもんなのかも。

次の瞬間を生きなきゃいけないってことは、
そういうことなのかも。

ちょっとがっかりだけど
なんかしっくり。

夢から覚めたら普通の暮らしでよかった。

朝のホームは人が人を押しのけて歩いていて

人を人と思ってないようにも見えた。

人が、人を、人と捉えなくなるとき

人と人として、交わらなくなるとき。

だから満員電車のあの距離を、何の気なしに過ごせたりもするわけだけど。

だれが「ここからは人と人」だよとか

「ここは個人の世界だよ」とか線を引いたわけでもなしに

なんだかふしぎだなあ、とおもった。

人が、人でなく、

単なる数みたいになる瞬間。
ぷつぷつの塊になる瞬間。

ひとり、ひとりを、ひととして認識してたらたまんない世界だってこと。

ぷつぷつの塊になってもらう必要のあること。

そういう時間が、ひとをおもう時間にきちんと運んでくれるのかなあ

と、帰宅ラッシュの電車の中で、おもった。

人気の投稿