日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
3月、朝劇下北沢200回記念&千秋楽公演!
ご予約はこちら

観劇三昧下北沢店1周年記年イベント参加
『路上演劇祭』
2月17日 13:00〜13:30
@観劇三昧下北沢店前
(福永不参加)

トークとライブのイベント開催
『朝の会』
2月24日(土)9:00
@CAFE VIZZ
ゲスト:おとなり
チケット発売は2/7


◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2016年11月9日

うずみし、

プロペラ犬『珍渦虫』

全18公演、無事に遂げました。

ほんとうにありがとうございました。

すべてを終えて舞台を降り、役柄を脱ぐと

ああ、わたしはとんでもない場所に居たんだな

ということをまた、ありありと実感して、ヒリヒリしました。

それくらいわたしには挑戦的な場所で
だけど、だからこそ、そこを飛び越えて

ただただひたすらに作品の中に居ることに集中することしかないな、と、

毎日かみしめる13日間でした。

そういう"真ん中"に返してくださる、共演者のみなさん、スタッフのみなさんがいて

18公演を、毎回、気持ち新たに踏めた気がします。

初めてお会いしたときから、最後まで

人として、それぞれの役割として
ほんとうにすてきなひとりひとり、そしてチームでした。

その真ん中には、
水野美紀さんの身体中をうずめている、無限の"それ"がありました。



きっとおおくの物語は"それ"の話をしていて

信じている人、信じていない人

信じようとしてる人、信じまいとしてる人

いろいろが交わりあって

それでも生きています。

わたしはいつも、"それ"に困っているし

もしかして、だから、こうして芝居をしているのかもしれません。

人へ、だけでない

わたしにまつわるすべてへの

そして
わたしにまつわるすべてからの

"それ"が叶うことはとてもむずかしいから

こうして現実を超えようとしているのかもしれません。



『珍渦虫』に生きるわたしは

"それ"を、あるがまま

そのことばがうまれるべくしてうまれたときのような

しなやかさ、やわらかさで

みつけだす瞬間をすごさせてもらいました。

そのことが、ほんとうにしあわせでした。


たくさんのみなさまにお越しいただき

ほんとうに、ほんとうに、
ありがとうございました。


このさきも、何度でも何度でも

"それ"に困って、困り果てて

芝居をしていこう、と、おもいます。