日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
12月23日(土)30日(土)9:00〜
ご予約はこちら

朝劇下北沢プロデュース
『夜に生きて、』(出演)
作・演出 松澤くれは
@CAFE VIZZ
12月16日(土)9:00〜
完売いたしました。

◉日本劇作家協会主催リーディングフェスタ
『食べるを読む』
12月16日(土)
@座・高円寺
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』
上映会&ライブ
12月17日(日)18:30〜
@下北沢・近松
詳細はこちら

◉一人芝居フェスティバル
APOFES2018』出場決定
作・演出 福永マリカ
出演 関森絵美
1月17日(水),21日(日),28日(日)
@千歳船橋APOC THEATER
ご予約はこちら

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2016年12月28日

うららか

なんだかねむれなくなっちまった。

真夜中におなかまですいちまったので

カフェラテをのんでいる。

基本的に元気でいよう!とおもっているけれど

どうしたってだめなときもある。

それでもやっぱり

よるをこえてあさへ、たどりつかなきゃと、おもえている。

ただしいことはなにもないけど

陰は、うらで
陽は、おもてで

そうあったほうがいいって、おもう。

どちらもせなかあわせに、かかせないけど

おもて面にあらわれるのは、
せなかにしたそれを背負ったものであったほうがいい。

裏ごしして、表出したほうが、いい。



ふ、と時間ができたので

スケジュールを整理するのと一緒に
来年の予定をながめた。

ながめながら、まだ見ぬ予定を
あたかももう、決まったことのように

勝手にならべ立てたりした。

そうしたら、その仮想の未来が

2018年の、本当の予定までつながった。

なんだかしらないけど、ほんとうにそうなる、気がした。



きぼうをかかげてゆこうとおもう。

せなかのある、きぼうを。