日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
3月、朝劇下北沢200回記念&千秋楽公演!
ご予約はこちら

観劇三昧下北沢店1周年記年イベント参加
『路上演劇祭』
2月17日 13:00〜13:30
@観劇三昧下北沢店前
(福永不参加)

トークとライブのイベント開催
『朝の会』
2月24日(土)9:00
@CAFE VIZZ
ゲスト:おとなり
チケット発売は2/7


◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2016年12月3日

生、活

昨日みた映画の『オーバー・フェンス』が
なんだかよくて
あ、すきだなとおもった。

何がすき?っていう質問、すごく苦手なんだけど

すきなものをみれば
すきだということはわかるのだなあ、とおもった。

ちょっとあんしんした。

音楽で言うと、
柴田聡子さんとか
ときにハンバートハンバートとか

え、それ、もしや裸?みたいな

ちょっとしたなまめかしさと

ざらつきのある生活感と

さらにはファンタジー。

それがあるものが、すきみたい。

ものすごく腑に落ちた。

皮膚のにおいがしそうなかんじ。

あれ、けっこうすき。

たいらかで、なんにもないのに

皮膚の下で、ふつふつとわきたっていたり

いろめきたっていたりするかんじ。

すごくすき。

ああ、おもえば吉本ばななさんの『キッチン』もそんなかんじ。

ひとんちに、おじゃましたときの

あのなんとも言えない居心地のわるさと

ちょっとだけ悪いことしてるような心地と

それなのに、居る、あのかんじ。

とってもすき。

自分の正しさ、みたいなものに

幾度となく迷える人間なんだけど

自分のすき、は、正しい、でよいとおもうので

ひとまずのあんしんをえた。

幾度となく、おもいだせばいいとおもう。