『下北LOVER』
@下北沢CONA
下北沢駅南口より徒歩1分
3月22日(木)9:00
ご予約はこちら

◉舞台出演
『monster&moonstar』
@原宿 VACANT
3月24日(金)〜28日(火)
ご予約はこちら

◆MV
Super Ganbari Goal Keepers
◆企業PV
東栄住宅

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー

◆YouTubeにてライブ動画公開中!
こちらからご視聴くださいませ。


2016年2月29日

すぷりんぐじゃんぷ

いよいよ3月、最新情報も含め
今後のスケジュールまとめです!

3/1(月) 21:00〜
WOWOWぷらすと MC
『イニャリトゥの冒険』
ニコニコ生放送で配信!

3/6(日) 9:00〜
朝劇下北沢 日曜日
『朝が起きたら』脚本
@CAFE VIZZ
https://www.quartet-online.net/ticket/asaoki?m=0bjhcbc

3/8(火) 9:00〜
朝劇下北沢 平日
『リブ・リブ・リブ』出演
@esCafe/Dining
https://www.quartet-online.net/ticket/heijitsu?m=0cbihge

3/8(火) 19:00〜
トークライブ
『いつもの会話』MC
@下北沢 ろくでもない夜

3/9(水) 20:30〜
演宴会
『エバーランド』最終話 出演
@新大久保ホボホボ

3/13(日)9:00〜
朝劇下北沢 日曜日
『朝が起きたら』脚本
@CAFE VIZZ

3/16(水)20:30〜
演宴会
『エバーランド』最終話 出演
@新大久保ホボホボ

3/23(水)9:00〜
朝劇下北沢 平日
『リブ・リブ・リブ』出演
@esCafe/Dining

3/23(水)20:30〜
演宴会
『エバーランド』最終話 出演
@新大久保ホボホボ

3/25(金)〜3/28(月)
東葛スポーツ第15回公演
『金町○屋書店』出演
@神保町SOBO
http://www.tokatsusports.com/

4/9(土)〜4/10(日) 9:00
朝劇広島
『朝が起きたら』作・演出・出演
@広島 十日市アパート
https://www.quartet-online.net/ticket/hiroshima?m=0ceibed

4/9(土) 18:00
関森絵美企画LIVE
『あなたに逢いたくて広島』出演
@広島 ふらんす座

4/23(土)〜
主演映画
『ドッジボールの真理』公開
@下北沢トリウッド

5/18(水)〜5/24(火)
鵺的第十回公演
『悪魔を汚せ』出演
@下北沢駅前劇場



春は、とまりません!
ひとつひとつたいせつに届けます。
よろしくお願いいたします!

マイベース


おしらせ、そのよん。

脚本を担当している
朝劇下北沢 日曜日
『朝が起きたら』
追加スケジュールが発表になりました。

3月13日(日) 9:00
ゲスト 六川裕史さん

朝劇渋谷でおなじみ、ろくちゃんこと六川裕史さんが下北沢に登場です!

わたしも朝劇渋谷から大ファンで、
六川さんのキレと味わいが下北で見られることがたのしみでなりません。

御予約受付も、昨日開始しました。
残席のこりわずかですので、ぜひ、お早めに。

よろしくお願いいたします!



そして、
出演している
朝劇下北沢平日
『リブ・リブ・リブ』
@esCafe/Dining

こちらもチケット発売中です!

3月8日(火) 9:00
3月23日(水) 9:00

ご予約はこちらから!

朝劇下北沢がひろがったり、
自分がいろんなことをはじめたりするなかで、

原点に帰れるのがこの『リブ・リブ・リブ』です。

守る場所を大切に、豊かになってゆけたらと思うこの頃

出演者として参加しているこの場所は、わたしのあたらしい居場所になりました。

まだ先月始まったばかりの平日チームですが、
生まれたてのパワーと
信じ合う温かさで育ててゆきます。

新鮮で、懐かしい、そんな時間を過ごしていただけますように。



朝劇下北沢、
いつもある場所。
おまちしております!


上々常磐線



おしらせ、そのさん。

3月末、舞台出演が決まりました!

東葛スポーツ第15回公演
『金町○屋書店』
2016年3月25日(金)〜28日(月)
@神保町SOBO
タイムテーブルやご予約等、詳細は追ってお知らせします!

なんと今回、月刊『根本宗子』でご一緒した、大好きな役者の墨井鯨子さんと
ふたたび共演できることになりました。

ふだんあまりかんがえないのですが、
よくよくかんがえたら、墨井鯨子さんが唯一すきな女性の役者さんなんじゃないかしらと思い

そんなことおもったら、またご一緒できることがうそみたいで
春のざわめきとともに、心がざわついております。

なにより、東葛スポーツさん、
めちゃくちゃ香ばしくて、面白いに違いなくて

このうえないたのしみです。

YouTubeに、東葛スポーツ過去の映像もありますので、ぜひみてみてくださいね。

わたしはこれだけで、ぐっときてます。

ら、らっぷ…?!

これは、いとうせいこうさんが東葛スポーツをかたっているもの

ひい、ひい、たのしみが、たのしみが。

悦び勇んだ勢いで、勇ましく挑みます。

どうぞよろしくお願いします!

源泉へ凱旋

おしらせ、そのに。

朝劇広島が行われるのと同時に、
広島での凱旋ライブが決定しました!

関森絵美企画ライブvol.3
『あなたに逢いたくて広島』
@ふらんす座(朝劇会場のカフェの三階です)
2016年4月9日(土)
18:00スタート!

出演
関森絵美
宮原将護
今村裕次郎
山岡竜弘
福永マリカ
and more...

チケット
¥2000+1drink

あの、下北沢で行われているライブ『アイザワ』が広島に行くんです。
関森絵美ちゃんの企画ライブが、彼女の故郷に行くんです。

これは、今回の広島出張で大決定したことなのですが
決まったときは、うれしすぎて
絵美ちゃんと抱き合いました。

絵美ちゃんのエネルギーや温かさが満ちる場所であるこの企画が
その原点でおこなわれるって
きっと絶対何か起こる。

絵美ちゃんの慎ましさと大胆さはここからきてるんだって、広島で過ごして感じたから
きっとその土地の空気を吸った彼女は、また強くなってエネルギーを発する。

そして、その場所を、また一緒に生み出せること
ほんとうにうれしくてたまりません。

ウクレレを連れて、この日だけのうたやことばをとどけます。

今回は、朝劇広島のメンバー全員がライブにも登場。

きっと、ライブってことばが「いきる」ってことばにきこえるような
全身でいきるひとときになるとおもいます。

朝劇、ライブ、もりだくさんの二日間がやってきます。

花咲く春、たのしみにまっていてくださいね。


2016年2月28日

朝が広がる

ご報告、そのいち。

朝劇下北沢が、晴れてこの春、
広島に行くことになりました。

そして、わたしは
脚本、演出、出演で参加することになりました。

2016年
4月9日(土),10日(日)
朝劇広島
『朝が起きたら』

作・演出 福永マリカ

出演 
宮原将護(大人の麦茶)
山岡竜弘(池袋チャリンコ倶楽部)
関森絵美
福永マリカ

今村裕次郎

@カフェ 十日市アパート
広島市中区十日市町1-4-32森本ビル1F
※広島電鉄 本川町駅より徒歩3分。原爆ドームからすぐです。

4/9 9:00
4/10 9:00

チケット 2500円(朝食ドリンク付き)
チケットご予約は3/1より!



…と、こんなことが、決定しました!

おもいもよらぬかたちで、参加できることになり、
このおおきさと、うれしさと、わくわくに、ちょっと飛び廻らずにはいられない心地です。

そういうわけで、先日は広島県にゆき、広島市内と甲奴町などを過ごしておりました。

百聞は一見に如かず

とはよくいったもので、まったくしらなかったまちに、出会い、過ごし、息をすることで

知識はともかく、なによりも、たいせつでおもいのあるまちとなりました。

生きていると気づかぬうちにできてしまう、さみしい壁

できない、わからない、出会えない、触れられない、そんな壁を

気づかぬうちに溶かしてくれる、朝劇。

こんな空間がひろがってゆけばいいのに、と感じていました。

そしてついにこの春、東京を飛び出します。

でもいまはまたすこしちがって、
このまちに、このまちだけの朝を起こしたい
そんなふうにかんじています。

すこしの間だけれど旅の中で
ほんとうにたくさんをもらいました。

かんたんにはことばにできないくらいたくさんの愛みたいなものを
たぶん、物語にして、また広島にかえすことが、わたしにできることです。

だいだい色をした広島の温度を
ギュギュッと詰め込んだ物語を、またはじめから作る心持ちでゆきます。

『朝が起きたら』、

広島だけの、朝が起きたら。

こころにぽっと、起き上がりますように。

よろしくお願いいたします。

広島に出会わせてくれた、関森絵美ちゃんに、感謝。

起きない朝のこと

いろんなことが起きるのは
実はあんまり得意じゃないみたいだ。

それはいやってことじゃなくて、
うれしいんだけどうまく噛み下しきれないから。

わたしはいままで
なんでもないようなことから、しあわせを抽出するのがだいすきだった。

なんて虎舞竜みたいになっちゃったけどほんとそうで

日々の暮らしの中にある小さな凹凸が、
わたしを通すと、顕微鏡で見るみたいに大きくいろんな形に見えた。

そのことはべつにいまだっていつだって、かわらない。

だけどこのごろは、顕微鏡だとうつりきらないくらい

おおきくておおきくておおきな出来事やおもいが、毎日やってくる。

抱えきれないほど大きなことほど、書き残して、少し心から抜き出して

すこしずつととのえてゆきたいのだけど

まだわたしは焦点の置き所や、隙間のつくりかた、時間の使い方がわかってないみたいで

おもうようにそれができてない。

それに、ことばにすぐに変換できないこともたくさん増えた。

いまだって、立ち止まって、そこにある沈丁花をじっくりとかいでいたいけど

あしたのこともあさってのこともきになる。

ここに生きられるようにならないと、あしたもないのにな。

ピント調整、春までにして、

毎日を、ひとつひとつを、ひとりひとりを、

もういちど、いままでよりも、

大切に生きられるようになりたい。

それでもぐんぐんとオールをこぎたい。

もうひとつおおきくてをひろげたら、たぶん、だいじょうぶ。

2016年2月27日

きんのたまご

ええと、おはなしすることがおおすぎて。

ひとまず、きのう無事に広島から帰り着きました。

自分でも驚くほど、ぴん!と、ぷりっ!としか顔で帰ってきて

この旅の豊かさをかんじています。

…そういうわけもあったりして

お知らせする情報も、それとともに日々感じていることもたくさんあって

ハードもソフトもいっぱいなかんじで

これはほんとうにうれしい悲鳴というのだとおもうのだけど

おもうようにかけておらず、ふん…となっております。

とにもかくにも春の予定がもりもりで、
花咲ばあさん状態です。

ひとまずですが、ブログトップにカレンダーとともに掲載しましたので、こちらをご覧ください。

ご報告はまたゆっくり、いや、はやめに。

写真は、炊きたての炊飯器に卵を割り入れたらできた、たまごごはんのうつくしさです。

2016年2月25日

2月24日。

広島市内をあるく。

なにも調べず、自分の足と鼻をたよりに、それが向かう場所を手繰り寄せるようにあるく。

本通りから、袋町小学校、旧日本銀行、平和大通り。

それぞれの場所で、いろいろな人と出会い、ものと出会い、声を聴く。

どこへいっても、傷跡と平和について考える。

どれだけ時代が変わっても変わらないのは

人が人と生きて行かざるをえないことのようにおもう。

しがみつくようにでも

つなぐようにでも

なぜるようにでも

だきしめるようにでも

触れて生きて行かざるをえないことのようにおもう。

傷をつけるのも人かもしれないけれど

人に一番効くのは人の温度かもしれない。

人と人の間にしか人が生まれないように。


出会いは全く知らない世界へ、私の足を運んでくれる。

手触りのある人との時間と

その人からしか生まれない言葉。

自分の目で見たものを信じ、信じるものを増やすために知りに行くこと。


2016年2月23日

真鮮

このまえ、ひさびさによっぱらったら

世界がゆかんでてすごくきれいでかなしかった。

いつも見る駅の景色を、初めて見た瞬間のことをふと思い出した。

いまとは全く違った目的で、その駅に訪れたときのこと。

こんなにも慣れ親しんだものの、初めて、を思い出せる感覚がすごくありがたいとおもった。

たいせつなもののたいせつさって、すぐに忘れちゃうし

あたらしいものもすぐに、酸化してゆくから。

そういう鮮度をたいせつにしていたい。

ひとにも、まちにも。


朝劇下北沢平日『リブ・リブ・リブ』

3月も上演が決定しました。

むずかしいとおもっていた平日、
きてくださるかたのおかげで続けられることになりました。

はじめてよかったなあ、とおもえました。

生まれたての私たちを、受け止めてくださって、
ほんとうにありがとうございます。

3月も、ずっと、新鮮に真摯にがんばります。

よろしくお願いいたします。

朝劇下北沢平日
『リブ・リブ・リブ』
@esCafe/Dining下北沢

8(火) 9:00
23(水)9:00

チケット 朝食ドリンク付2500円
https://www.quartet-online.net/ticket/heijitsu?m=0cbihge

2016年2月21日

朝が生きたら


朝劇下北沢 日曜日
『朝が起きたら』

ご来店いただきありがとうございました。

ゲストのハヤシタカユキさんは、わたしの熱望により出演してくださりました。

音楽家であるハヤシさん、俳優デビューとなりました。

そんな貴重な機会が、『朝が起きたら』であったこともうれしくて
つづけてゆくと、いろんなことが起こるなあ。

ハヤシさんのデビューはとってもすてきで、
いつも起こらないような情熱のわきだしかたをしていて

すごくドキドキした。

ハヤシさん自身が沸々とたくわえていることが、いつもは音に乗って溢れ出るけど
今日からはセリフに乗って溢れだせるんだな。

すてきなものをぐるぐるめぐらせているかたは、出口を見つければ見つけるほど輝けるのかもなあと感じました。

ハヤシさん、おめでとうございます!

そしてありがとうございました。

2月の『朝が起きたら』は、これにておしまい。

今月もたくさん、ありがとうございました。

人が作るものはなんだって生き物だから
きっとまだまだうごめくんだろな。

そんなうごめきが、みにきてくださるかたの生きた時間の中で
あたらしくてやさしい細胞のひとつになるといいな。


2016年2月19日

練らずに寝る

きょうもなんにもおもわない日。

おさんぽとコーヒーと事務作業。

ばしばしと入ってくるものがあまりに多い日々だったので

いま少しずつ染み込ませてます。

断食みたいな感じかな。

飽食にならないように、こういう時間がとてもたいせつ。

ものすごくどうでもいいんだけど、

最近使っているシャンプーとトリートメントがとても気に入っている。

普通にドラッグストアで売っているものなんだけど、自分の髪似合うし香りもいいから、すてき。

気にいるってことってとても大事だよね。

いいとか好きとかとまた別に

気にいるってのは、これっきゃないって感じがして、いいね。

2016年2月18日

人行き

ひさびさに、お仕事も、間近に控えているお仕事もない日だった。

なまけすぎて、できたことは洗濯くらいだったのだけど、

とても心身がゆるまった。

こんな感覚は本当にひさびさ。

よく走り続けたもんだなあ、と思わずじぶんでもたまげる。

ここでひと段落、といったところかな。

きっとここから確定申告がはじまって(現実)

次の年度に向かうことになるんだとおもう。

フリーになって1年を、振り返るいい時なのかもしれない。

今年度お世話になった大切な人たちの顔を、もう一度思い浮かべて

その人たちを連れて行きたい場所や、
一緒に眺めたい景色を想像してみよ。

2016年2月17日

媒と場合

本日はWOWOWぷらすと

テーマは『映画と舞台の怪しい関係』でした。

落語家の立川吉笑さん、
女優の早織さん、
映画評論家の松崎健夫さん、
役者で脚本家のわたし

多様な表現者、
そして評論家というのも見ることの表現者な気がしていて

そんな4人が考える映画と舞台の怪しい関係は、語りつくせない二時間になりました。

わたしは普段から、役者でいる上では映画と演劇はあまり変わらないものと思っています。

それは、そこに生きる、ということをする仕事であるという意味で、なのですが

そこに生きる、ということをより厳密に、受け手に感じてもらうためにすることは
もちろん演劇と映画では変わってくるとは思っています。

これは脚本を書く上ではもっとそうで、
映像を作るのか空間を作るのかではまったくちがう文字の並べ方をしなければならないのだなあとこの頃感じていました。

今日お話ししたことはすべて、あくまでもわたしが感じていることで

人それぞれ違ったことを感じて作っているし、
その作品のテイストのようなものや、中心に立つ人の目指すものによってそれぞれで
一口に何であると結論の出ることではないのですが

だからこそ、わたしが感じていることをお話ししたり、聞いたりできてたのしい回でした。

わたしの小さな結論としては

映画は画面が最終的な媒体で
舞台は肉体が最終的な媒体である

というところに、ひとまずは落ち着けてみます。

いや、もしかするとお客さんの目が最終的な媒体なのかなあ。

なによりみてくださるひとに、よりよく伝わってほしいのは同じで

そのために、いろんな媒体で、方法で、考え方で、感じ方で、作っていたいなあと一層感じました。

本日もご視聴、ありがとうございました。

写真は脚本と演出をしている時のわたしです。

2016年2月16日

信が芯

朝劇下北沢平日『リブ・リブ・リブ』
二度目の公演でした!

新しいメンバー、新しいお店、新しい朝

まだまだ二度目は新しくって
さあこれからだ、という気持ちです。

朝劇下北沢のレギュラーメンバーとなってすごす朝もまだ新鮮でドキドキするのですが、

きてくださるかたが、どんといてくださるので
わたしも安心してそこにいられます。

新しくお会い出来たかたもたくさんいらして
朝劇、という空間を知っていただけたことがとても嬉しかったです。

普段の舞台もそうですが、空間をまるごと物語にする朝劇は、来てくださる方の存在がもっと大きなパーツになっていて

ほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。

信じてもらうには、信じていないとならないし

信じるには、信じてもらわないといられない。

そこに存在するというのは、当たり前のようで意外ととてもシビアで尊いことで

この空間を信じて過ごしていてくださることに、深く感謝する日々です。

なんてかたいことじゃないんだけれど

うん、うん、と無言でうなずきあえる

そんな安心できる場所であるようにいようと、おもいます。

本日もありがとうございました。

来月もどうぞ、よろしくお願いいたします!

2016年2月15日

えんじん

朝劇下北沢発のお祭り
『世界彩人festival〜いろどりんちゅ〜』

無事におえました。

いつもの下北沢と、いつもの朝を飛び出して

朝昼晩、あたらしい空間を作りました。


だけどそこにはいつものお顔があって、

とても安心してそこにいることができました。

スピンオフ脚本演出、
スピンオフ出演、
ひとりでのライブ。

いろんなことをして、
手で、足で、目で、耳で、、、
からだのいろんなところでこの空間をぎゅっとつかんで。

なによりとてもうれしかったのは一日中からだが躍りたがっていたことで
たくさんの人の彩りに心が騒いでいたんだろな。

新しい出会いに、
こうして世界が鮮やかにひろがってゆくんだなあと感動するのと同時に

そこにいる朝劇下北沢のメンバーをながめて
こんなにも同じ景色をみたいと思える人たちがそばにいられることの尊さを感じていました。

ひろがるものと、ここにあるもの。
ぐるぐる巡って、
遠心力みたいに、もっと真ん中が力強くなっていけたらいいなとおもいました。

ここ、は、かわらず
すすんで、めぐって、
ずっとずっと。

たくさんのエネルギーといろどりをあつめてくださり
本当にありがとうございました!

2016年2月13日

はるばるはるくる


家を出たら春が来てた。

風がまるくてかるくて、からだがふんわりした。

電車に乗ると、小川が頭に浮かんで

こどものときのかおりと音がぜんぶかえってきた。

季節の変わり目はいつもうきうき、でもすこしかなしい。

このかなしみはどこから来るのか、24年経ってもわからないから不思議。

きょうは明日行われる、
朝劇下北沢発のお祭り『世界彩人festival〜いろどりんちゅ〜』の会場準備とリハーサル。

芝居に音楽、踊りに運動にお笑い、展示や会場デコレーション

さまざまな方角から彩りを加えるこのお祭り

今日この目でそれをみて、止まらない胸のときめきです。

これまたウキウキとともにすこしかなしくって、なんでだろ。

心が動くと反動で、かなしいもうまれてしまうのかな。

素晴らしい!には涙がつきもので

どうしたって溢れる先をさがしたくなっちゃうんだな。

こんなすてきなひとたちと、できる限り、いや、限りない彩りをここに集結させました。

わたしもそのひとひらになれていますように!

あす、ぜひあそびにきてください!



◆朝劇下北沢初のフェスティバル!
『世界彩人festival〜いろどりんちゅ〜』
2月14日(日)
朝 9:00〜12:00/昼 13:00〜16:00/夜 17:00〜20:00
@三軒茶屋KeikoBa P
『朝が起きたら』のスピンオフ脚本書き下ろしや、出演、ミニライブなどで参加します!

ご予約はメールにて受け付けます。
こちらのアドレスに
1.件名:いろどりんちゅ 2.お名前 3.ふりがな 4.希望チケット(朝・昼・夜・通し) 5.枚数
を明記の上メールをお送り下さい。

2016年2月11日

気のおかげ

朝劇下北沢、祝日の朝。

休日とはいえいつもとはまた違う街の空気。

なんだかこのごろおもうのは、人のつくる気、みたいなものの大きさで

それだけでこうも肌に触れるものや、景色が違うのかあとおもう。

目に見えるものよりずっと、見えないもののほうが世界を作っているんじゃないかしら。

そんな日のゲスト、櫻井麻樹さんは

はじめましてなのに、その前や後ろに持っている歴史みたいなものが透けて見える奥行きを感じるかたで

一瞬で物語の世界がグンと広がりました。

ありがとうございました。



手を広げていてくれる場所や人や時に飛び込む勇気は自信かなあ。

自分をすきでいることが、人をすきでいることになるって

中学生の頃から気づいてるのに10年経っても繰り返し学んでゆくなあ。

2016年2月10日

ひろがりんちゅ


いよいよ14日は、
朝劇下北沢発のお祭り
『世界彩人festival〜いろどりんちゅ〜』!

きょうは夜の部のお芝居
『それぞれの一歩』の稽古でした。

『リブ・リブ・リブ』のスピンオフである今作は
原将明さん作・演出、
出演は関森絵美さんと、わたし。

これが、とっても、よいかんじ。

物語に出た奥行きは、『リブ・リブ・リブ』
の世界だけでなくて

朝劇下北沢のはじまりだったあの日と
きのうはじまった平日の朝劇とをつなぐようにもみえて

朝劇ファンであるわたしのこころもおどっています。

そして、あらためて原将明さんのかく物語が好きになる、そんな作品です。

一度きりしかやらないのがもったいないけど

ここにこめて、おとどけします。

おたのしみに!


◆朝劇下北沢初のフェスティバル!
『世界彩人festival〜いろどりんちゅ〜』
2月14日(日)
朝 9:00〜12:00/昼 13:00〜16:00/夜 17:00〜20:00
@三軒茶屋KeikoBa P
『朝が起きたら』のスピンオフ脚本書き下ろしや、出演、ミニライブなどで参加します!

2016年2月9日

はじまりのつづき

朝劇下北沢 平日『リブ・リブ・リブ』
はじめました!

お店いっぱいのお客様にあたためていただいた初日。
ほんとうにありがとうございました。

朝劇下北沢として、平日に乗り出すこと
このメンバーで始動すること
そして初めてレギュラーメンバーとして朝劇に出演すること。

実はどれも大きな出来事で
ぎゅうぎゅうのきもちでした。

あたらしい朝にまだ誰もがそわそわしていて
でもたしかにそれは、はじまりの朝でした。

朝劇下北沢とわたしが出会った作品
『リブ・リブ・リブ』。

おもえばわたしが行ったのは朝劇下北沢のはじまりの日で
あのとき、妹役の関森絵美さんが
「これもおしゃれ〜」
と巻き込んだお客がわたしでした。

なんだかあの日からずっとつながってたみたいで
今こんなふうにして、朝劇下北沢で
ことばや目線を交わしていることが不思議でなりません。

今日のこの日も、いつかのなにかにつながってるのかな。
なにかの大きなはじまりになったのかな。

ひっそり、でもたしかに、その音がした気がして
まだ胸が高鳴っているわたしです。

ほんとうに、どこにいってもなにをしても
人と人との間にしかなにも生まれないし
人と人との間で何かは生まれるのだなとおもいます。

いてくださって、
応援してくださって、
感じてくださって、ありがとうございます。

朝劇下北沢平日、はじめました!
夢がひとつ叶いました!
これからどうぞ、よろしくお願いいたします!

2016年2月7日

おきどき

今日は朝劇下北沢『朝が起きたら』。

下北沢演劇祭、気仙フェア、さまざまが起きているきょうの下北沢。

『朝が起きたら』でも、たくさんのことが起きて、なんだかちょっと奇跡みたいな日だった。

ゲストは友人ですてきな役者さんの、岩井七世さん。

アフターJOYはthe sheepさん。

お客様もふくめて、ここに集まったひとのなかに
おもしろいくらいたくさんのつながりがあった。

ほうっといても重なるなにかみたいなのはたしかにあって
呼吸が合うっていうのかな

そんな瞬間に出会うと、全身の血がめぐり出すみたいな心地がする。

上善水の如し、じゃないけど
自然に任せたほうが、いろんなことはぴたんぴたんとはまりだしたりして
きっと今日はそんな日だったんじゃないかな。



朝劇後は、下北沢を歩く歩く。

ちょうどやっていた『スイッチ総研』に巻き込まれに行く。

まちなかのスイッチを押すと、誰もが小さなドラマに巻き込まれられるという遊び。

わたしのだいすきなあそびかた。

1ミリずれたらきっとワクワク、そんなこと起こせるひとになりたくて

作る側になりたすぎてちょっと嫉妬した。

嫉妬しすぎたらしく、おもむろに朝劇のチラシをとりだした。

まちなかで、びらくばり。

触れたらきっと起こせるなにか。

触れないと何も起こらないから、

傷つきもしないけど、あったまりもしないから。

たくさん触れに行った。

そうしたら、たくさんの凹凸を感じられて、てごたえでなく確かな手触りがあって
まだまだやれるって思った。

あ、だからそうだ。

何かを起こしてやりたい、ってわけじゃない。ただ

触れて、たしかめてみたい、もっともっと。


2016年2月6日

いつでもえみを

金さん銀さんな関森絵美ちゃんとわたし。

朝劇下北沢平日の稽古の日々に加え

日曜日の『朝が起きたら』

14日に行われる『いろどりんちゅ』のスピンオフでは、
わたしが脚本、絵美ちゃんが出演の作品と
原さん脚本の作品では2人芝居。

このところ、なんでもいっしょのふたりです。

たくさんはなしまくったり

むごんでみつめてみたり

そんなふうにしながら、すこしずつ

触れられなさそうなこと、じっくり触れて、かたちにしていっています。

いつのまにやらときがたって

ひゃくいくつになっても、

たくさんはなしまくったり

むごんでみつめてみたりしてるかな。

2016年2月5日

自分

きょうはWOWOWぷらすと『ジョン・ヒューズを語る。』でした。

青春映画の巨匠ということですが、わたしが知っているジョン・ヒューズ作品といえば、『ホームアローン』くらいでした。

だけど今回、いくつかの作品を見て感じたジョン・ヒューズ映画というのは

『ホームアローン』にも通ずる、家族の血、みたいなものがどれにも流れていて

その切りようのないつながりを受け入れて、きりひらいてゆくのが青春なんじゃないかなあとかんじていました。

やっぱり家族っていうのは自分のベースに否応無くあって

それを、家族は家族という組織であり、わたしはわたしという個人である

とわかったときにやっと、人として自立するように思います。

わたしにもそういう瞬間があって、

それはある種の諦めであり、希望であるなと感じていました。

人を分かろうとすることは、ときに人を切り裂くような気がしていて

だから、まるっと他人は他人であり、自分は自分であると受け入れられた瞬間、わたしはとても楽になりました。

他人の悲しみは計り知れないし、自分の悲しみと比べられるようなものでもない。

だけどその諦めは冷たくはなくって、

だからこそ、ただ聞くとか、受け止めることに、他への愛があるんじゃないかなとおもいます。

そういう、どこに線を引いて、一人として生きるかみたいなことが

今回『ブレック・ファスト・クラブ』をはじめとしてジョン・ヒューズ作品には多く描かれていて

30年前の作品なのに、心強くそばにあるように感じました。

大人になると忘れてしまうこともあるけど、

出会いと別れとか、失望と希望とか、毎日小さく青春はあって

そういうこと、小さな思い出してすごすのっていいな。



本日もご視聴、ありがとうございました!

2016年2月4日

立春

おしらせ!

今年の春、舞台に出演することになりました。

作品も、脚本も、演出も、役者のみなさんも
はじめてばかりの新鮮な場所です。

わたしもまだどんなふうになるのか未知ですが、
きっととてもいい春になる気がしています。

たのしみに、おまちくださいませ。


鵺的 第十回公演
『悪魔を汚せ』
脚本高木登
演出 寺十吾

キャスト
秋澤弥里
秋月三佳
池田ヒトシ
奥野亮子
祁答院雄貴
斉藤悠
釈八子
杉木隆幸
高橋恭子
猫田直
福永マリカ
(50音順・敬称略)  
詳細はさらなる続報にて!


2016年5月18日〜24日
下北沢駅前劇場

公式HP:nueteki.org

2016年2月3日

タベる夕べ


食べ物のことしか考えてない、節分。
元気がいちばん。

2016年2月2日

にのまり

おばんです。

このところ、ツイッターを情報お知らせに、ここを日々の雑記に使っていたために、あまりちゃんとお知らせを掲載できていませんでしたね。

ひさびさに、スケジュールまとめでもしてみようかと思います。

ご参考までに、ご覧くださいませ。


◎お酒とご飯と芝居の楽しめる
演宴会『エバーランド』
@新大久保ホボホボ

2月3日(水) 20:30
2月10日(水) 20:30

チケット
3000円(飲み物、ご飯付き)

ご予約
floor2013.tokyo@gmail.com
タイトル「エバーランド6」
本文に
1お名前
2人数
3観劇希望日
4電話番号
を明記しメールをお送りください。

なんとなく肩の力が入ってしまう観劇も、宴の中ならいつもよりやわらかなあたまとからだで。
音楽みたいにすいーっと、なじんでゆければとおもっています。

昨年6月からはじまった『エバーランド』、3月で最終話になります。
最後までぜひ、お見逃しなく!


◎朝劇下北沢 火曜日
『リブ・リブ・リブ』
@下北沢esCafe/dining

2月9日(火) 完売
2月16日(火) 9:00

チケット
2500円(朝食、ドリンク付き)
ご予約はこちらから!
https://www.quartet-online.net/ticket/heijitsu?m=0cbihge

朝劇下北沢が平日をはじめます。
下北って実は平日のまちなんじゃないかなあ、とおもうから、わたし的には期待の朝劇です。

まちのいつもの顔をみにきてほしいし、
わたしもいつもの顔でおはようを届けます!



◎朝劇下北沢 日曜日
『朝が起きたら』(脚本)

2月7日(日) 完売
2月11日(木・祝) 完売
2月21日(日) 9:00

チケット
2500円(朝食、ドリンク付き)
ご予約はこちらから!
https://www.quartet-online.net/ticket/asaoki?m=0bjhcbc

脚本を担当している『朝が起きたら』も、はやいもので3ヶ月目に突入しました。

朝劇、気になる!とおもいつつ来たことないかたはぜひみてほしいです。

きっとまた出会いたい時間します。ぜひ。



◎エンターテインメント深堀トークバラエティ
『WOWOWぷらすと』

2月5日(金) 19:30~
『ジョン・ヒューズを語る。』
ご視聴はこちらから

久々の映画回出演、松崎健夫さんと中井圭さんとお送りします!


朝劇発の文化祭
『世界彩人festival〜いろどりんちゅ〜』
2月14日(日)
@三軒茶屋keikoBa P
朝・昼・夜 三部制

ご予約はメールにて受け付けます。
1/12(火)12:00より
上記のアドレスに
◼︎件名:いろどりんちゅ
◼︎お名前
◼︎ふりがな
◼︎希望チケット(朝・昼・夜・通し)
◼︎枚数
を明記の上メールをお送り下さい。

わたしは
昼の部のスピンオフ脚本
昼の部のライブ
夜の部のスピンオフ出演

で参加します。
こころもからだもおどる1日をおたのしみに!




もうすこしでまたひとつおしらせも。
どうぞこれからも、よろしくお願いいたします!

2016年2月1日

元気と限度

2月ですね。

今日は寒いのに調子にのってスカートを履いて、後悔しました。

自分の、こんくらいまでいける!を間違うのを、
そろそろやめようとおもいます。

いい大人だしね。

限りを知らないわたしでいたいのは理想で

からだにやさしいわたしであろうというのが、今月の目標です。