このたび、株式会社ギフトに所属いたしました。

◎出演決定
演劇女子部『一枚のチケット〜ビートルズがやってくる!〜』
2017年11月27日(月)〜12月3日(日)
紀伊国屋サザンシアター TAKASHIMAYA
詳細はこちら

平日チーム
『リブ・リブ・リブ』(出演)
作・演出 原将明
限定シャッフルキャスト公演
@下北沢CONA
12月6日(水) 9:00〜
ご予約はこちら

日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
11月25日(土
12月3日(日)23日(土)30日(土)
9:00〜
ご予約はこちら

朝劇下北沢プロデュース
『夜に生きて、』(出演)
作・演出 松澤くれは
@CAFE VIZZ
11月18日(土)19日(日)
12月9日(土)10日(日)16日(土)
9:00〜
完売いたしました。

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』
ご視聴はこちら

シンクロリウム『ロングスリーパー』
ご視聴はこちら

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2016年3月31日

完走

おくればせながら

東葛スポーツ『金町○屋書店』、終演いたしました。

ご来場いただいたかた、ご興味をもってくださったかた、みなさま本当にありがとうございました。

舞台で演劇を始めてからまだそう時間が経っていませんが

このところ、演劇の世界は想像を絶する広さだなあと感じていました。

わたしからしたらもうそれは宇宙みたいで、
未知なことでできあがっています。

新しい星にゆくとき、いつもとてもこわいけれどたのしみで

いろんな星の人を知りたいし、知ってもらいたいし、なにかをもらいたいし、わたしも何かができたら最高だなあと思います。

今回も本当にそのきわみで、
稽古から本番まで、ここでできることを見つめ続ける日々でした。

別の星で大きく強く輝いているかたがたを間近に見て、今の、裸の自分を知りました。

削ぎ落とされ、洗い流され、ひとつ潔くなれた気がします。

そしてまた、生きる世界が広くなった気がしました。

見守ってくださり、ありがとうございました。

まだまだゆきます!

2016年3月29日

ただいま

こんなにもブログを書かなかったことがかつてあったのでしょうか。

ずっとずっと書けぬまま、たくさんのことがありました。

お留守にしていてごめんなさい。

脚本を書いている、朝劇下北沢日曜『朝が起きたら』

脚本から出演までする、朝劇広島

それから

朝劇下北沢平日『リブ・リブ・リブ』

演宴会『エバーランド』最終話

東葛スポーツ『金町○屋書店』

WOWOWぷらすと

トークライブ『いつもの会話』…

と、まいにち、まいにち、大切なことが起こっていました。

まいにち、まいにち、考えることも感じることも

やることもたくさんあって、こんなの一年前のわたしには考えられなかったなあ。

自分でなんでも作れるって知ってから、行ける場所は本当に増えて

出会えることも本当に増えた。

知らないことを知ることも、まいにちのようにあって

こわいことしかないから、むしろこわくなくなった。

つよくなったなあ、とおもった。

なんていって、本当にまいにち、
あー、こわいこわいって言ってたりするんだけど

こわい、も、慣れるもんなんだな。

心臓が少し鍛えられた。

なんの話がしたかったんだっけ。

なんでもない話がしたかったんだ。

何か、をする、日々の中にある。

何か、をどうしたって感じ考える日々の中にある。

だからこそ、何でもない、をたいせつにできる場所を守りたい。

ほんとうは、なんでもないひとなんだから、って、いつもそこにストンと腹を据えたい。

それは卑下でもなんでもなく。

ただ、。

2016年3月24日

朝劇下北沢平日『リブ・リブ・リブ』
ふた月めの公演を終えました。

平日の朝、それなのにもかかわらず満員のお客さまにお越しいただき

ほんとうにびっくりしています。

2016年3月21日

今朝は、朝劇下北沢『朝が起きたら』。

ゲストは福地教光さん。

華やかで、なのに密やかに、小さなカフェの空間を満たすような熱さがあって

とてもとても素敵だった。

福地さんのファンの方も、さまざまな場所からたくさんきてくださっていて、

ファンの方も福地さんと同様に、とてもやさしい温度ですてきな空間を作ってくださった。

はじめて朝劇を見る!と言ってくださるかたもたくさんいらして、なんだかうれしい。

2016年3月19日

てとりあしとりひとり


最近家にいるときは、なんだかずっと料理してる。

すきを見つけては家に帰り、料理をして食べてまた出かける。

さまざまな場所で
さまざまなひとに会い
さまざまな自分ですごし
さまざまを感じたり考える中で

こうしてお家で料理をする時間は、
自分の中のリズムがすごく整う感じがする。

トントントン、ぐつぐつぐつ、コトコトコト

そうしてる間は時間が止まったみたいで
わたしとわたしの周りの時間が、やっと整う感じがする。

何よりおいしいご飯をたべると
とても元気が出る。

自分で作るごはんは
とびきりおいしいわけじゃないのに
なんだかすごくホッとする。


たくさんのひとにめいわくをかけたり
たすけられたりする日々のなかで

自分で作って自分でたべる
というこのミニマムなやりとりは
意外と心地よかったりする。

なんていって、このごはんだって
たくさんの人の手を介してここまで来てるのよね。

どうしたって一生ひとりで生きられないことをしって
ひとりと、ひとりじゃない、のバランスを
一生かけて探し始めたみたいです。

2016年3月18日

希なる朝

広島で原爆ドームや旧日本銀行に行って知ったのは

ここは傷跡だってことよりも、
全てがなくなったとき、希望になった場所だったってことだった。

どんなときも、きっと、一筋だか、一欠片だか、ひとひらだかの希望があって

どうにかしてまたはじめる。

全てがなくなったようなとき、どこかでなにかがすっくと立っていて

それをたよりに、火種にして、また命をもやしていく。

朝だってそう。

毎日順番にだれかのもとにおとずれて

ゼロになったみたいな今日に火種をくれる。

そうやって、朝をわたして、つないで、なんとなく助けられてわたしは生きてるって

昨日、朝劇広島の稽古初日を迎えて、あらためておもった。

いつもきっとどこかを誰かがあたためてまっていて

それはいつか出会える人なのかもしれないし、
一生出会えない誰かなのかもしれない。

でもなんだか、会えたんじゃないかなと思った。

もしかしたら、この人たちが。そうおもった。

なんの根拠もないし、ちょっときみがわるいかもしれないけど、おもった。

いつかの未来から見たこの朝が

わたしにとって希望になれば

それは本当になるんだな。

今日の日の朝を火種に、ゆきます。



朝劇広島
『朝が起きたら』
@カフェ十日市アパート

4月9日(土)のこりわずか
4月10日(日)完売、ありがとうございます。

ご予約はこちら

広島凱旋ライブ
『あなたに逢いたくて広島』
@ふらんす座(朝劇会場3階)
4月9日(土) 18:00〜

2016年3月15日

大を切る

たいせつなことだ、と思って取り組むのと

おおごとだ!と思って取り組むのは違う。

慌ただしいスケジュールをくんだからには

ひとつひとつをたいせつに取り組むのが一番だし

何よりその毎日を乗り越えるには、大したことないと思ってコツコツやるってのが秘訣だなと思った。

じっさい、大したことないと思ってると大したことなくって

気の持ちようってほんとなのね。

なによりそうしてると

やることが大変だ!ってことよりも

もっとその中身の部分に目がいくようになっていいわあ、とおもった。

なあんていいつつ見事に体調をみだし

あらあらやっぱりからだは追いつかなかったか、と反省。

だけど毎日元気なのは

楽しみなことが毎日あるおかげだな。

2016年3月13日

たなぼたさま


脚本を書きながら、

あーここ5年で変わったことってすごくあるなあ、と思った。

一番大きくは、

人の痛みはわかるもんじゃない!

って思うようになったことで。

もっと過信してたから、人の気持ちは理解できるとか、人の痛みは分かち合えるとか。

でもそんなことはなくて、わかったつもりになると傷つけちゃうかもしれないって

そう思ってから、なんか、ちょっと、あきらめた。

誰かに触れてみることとか、歩み寄ることとか。

でもそのあきらめは悪いことじゃなかったなって思ってて

それもこえて、いまは

それでも触れてみようとか、歩み寄ってみようとか、ちょっと思い始めた。

わかりませんよ!って開き直って
わからないなら触れてみるしかないじゃん!って

わからないなりの愛情の持ち方みたいなのを探してる。

わかんないけど。わかんないけど。

わかることが正義じゃないし、な。

わたしがわたしでできることを、いつもするほかないもんな。

だからこうして、わたしがわたしのために書いたことやしたことが

まわりまわってだれかのためになってたりすると驚くんです。

たなぼたものなんです。

2016年3月12日

原稿の高原

朝劇広島『朝が起きたら』完本しました。

遅くなりましたが、完全広島版となりました。

キャストと土地が変われば、そこに生まれる物語はガラリと変わります。

下北沢の『朝が起きたら』と、タイトルはおんなじですが

まったく違った作品になったなあ、と、今眺めておもっています。

大筋はもちろん変わらず、『朝が起きたら』なのですが

広島に宛てて書いたことにより、いっそう、誰にも起きてほしい朝だなあ、と感じました。

そしてそれはまた、誰かがくれた朝であることも、あらためて実感しました。

脚本を定期的に書くようになってまだ数ヶ月ですが、どれもこれも、誰かや何かに書かせてもらっているなあと感じていて

だから、書けるようになったように思います。

今度の本も、広島で出会った人、もの、ことが、最後まで筆を運んでくれました。

まいにち、まいにち、朝から晩までたくさんをもらって

そしてまた、ことばにかえて、物語に変えて、それが大切な人に届くってなんて贅沢なんだろうな。

正直に、誠実に
書き続けられたらとおもいます。

朝劇広島『朝が起きたら』

どんなひとのもとに、どんなふうにわたってゆくのかな。

たのしみで、すこしこわいのもまたたのしみで

たくさん愛をこめてふっくらさせてゆこうとおもいます。

2016年3月10日

エンジン


人と生きてて泣けちゃうことってたまにあって、この間はそうだった。

朝劇下北沢の平日。

はじまる前、なぜか出演者の皆で、なれない円陣を組んで

よしいくぞー!と気合をいれた。

その時の写真をあとからみたら、みんなものすごくいい顔をしていて、なんだか照れくさくも嬉しかった。

気が合うか、じゃなくて、気持ちを合わせられるか、なんじゃないかと思った。

みんな、一人一人、いろんなリズムで生きてる。

どんなに気が合う仲間も、すれ違う瞬間だってそのうちは起こる。

そういうもんだ。

だから、それでも、気持ちを合わせようと思う人たちであるってことが大切で

それってすごいことだなあと思って、泣けてきちゃった。

どんなときも、しっかり目を見て手を取り合って、お互いを探して気持ちを合わせられたら。

そんな私たちの集まる真ん中、が、目に見えたみたいな日だった。

まだまだ遠心力はひろがってゆきます。

きてくださったかたにもジンジン伝わる朝でありますように。



朝劇下北沢 平日
『リブ・リブ・リブ』
3/23(水) 9:00
@esCafe/Dining

ご予約はこちらよりよろしくお願いします。




2016年3月7日

ふれてゆれて

phot by Zushi Mitsuhiro

朝劇下北沢 平日
『リブ・リブ・リブ』

2月からスタートして、まだふたつきめ。

だけどなんだかこのメンバーは、
きっと大丈夫、ってなんとなくおもってた。

でもなんとなく、じゃやっぱり不安で
ことばや、目や、手が必要で。

きのうは、みんなであつまって、
なんでもないこともあることも、時間を気にせずことばにして
みんなでひたすら、触れ合った。

いま自分たちがどこにいるのか、
どこにいきたいのか、
どこでなら会えるのか、
どこでなら、もっとがっちり、手を取り合えるのか。

一人一人の真ん中の、
ぐらぐらあつくて、ぽかぽかあったかいところに、触れた。

裸の付き合いみたいなことか

ちゃんと触れてみると、なんだか恥ずかしさが減って
余計な壁が一枚剥がれる。

惜しげもなく交わしたあとの芝居は、
もっと地肌に近くって、手触りも温度のあるものになった。

ちゃんと目を見て、ちゃんと聞いて、ちゃんと話すってこと
そこから始まるし、それが全てで

きっとそれができる、とても根の柔らかいひとたちとできているんだな、って

なんとなく、が、すこしたしかになった。

ぜったいじゃなくて、きっとがいい。

触れ合える場所が一点だけあれば、それがいい。

みにきてくださるかたもいっしょ。

この朝があってよかったって、ふと、一瞬思えたら、これ以上のしあわせはないっておもいます。

朝劇下北沢
『リブ・リブ・リブ』
3月8日(火)
8:30 開店
9:00 開演!
@下北沢 esCafe/Dining
地図

ご予約はこちらよりよろしくお願いいたします。

2016年3月5日

未練か訓練か

やればやるほど、できないことに出会う回数も増える、という

意外と普通のことを知りました。

14年目の芸能生活(なんか偉そう)は、
ベテランなようでペーペーで
ぺーぺーなようでベテランで

とにもかくにもそこに立ったら、本気でやるのが正義です。

当たり前のようにできないことに出会うから

ほんの少しずつだけど、とても自然にプライドは溶けていって

当たり前にできないことを受け入れて、立ち向かいます。

あ、わたし、よかったな

っておもうのは、うまくできるようになることより、そういうとこで

ちょっとだけ変わったなあと思いました。

何度も練習できるって、ほんとにありがたいよなあ。

おかげでわたしは、あんしんして立てますよ。

2016年3月4日

演劇はスポーツです

おいしくたのしくおさけをのんだら、こてんとねちゃって

へんな時間に目が覚めた。

なんだか夢を見たから目が覚めたような気がするんだけど、なんだか忘れた。

だけど、悪くないから起きてよっかな、な夜中。

今月末の東葛スポーツ、練習はじまりました。

いい香りがするからと忍び寄ったそこは、本当にいい香りがしていて

ああ、素敵、とほれぼれしていました。

ほれぼれするかたがたをみつめてわたしは、

その人が笑うと、それをみて笑う

というすごしかたをしていて

なんだかまるで、生まれたての赤ちゃんみたいだったな、わたし。

わかんないことだらけの自分をまた知ったけど
それでもそこにいたい、という感覚を知りました。

笑ったら笑う、怒ったら怒る

赤ちゃんみたいに、真似して、知ってゆく。

ほれぼれするかたがたのなかに身を置いて、えい!とやってみます。

わかんないなりに、えい!とゆきます。

こてんとねちゃった24歳の赤ちゃんは、
せっかく起きたので
もすこしデスクワークに励みます。

2016年3月3日

心許

なんども忘れちゃうんだけど、3月は来ていた。

上着を一枚のけて、髪をひとつ結びにして、外に出かけるようになった。

できるだけおだやかな風に触れたいからなのかもしれないなあとおもう。

風はおだやかだけど、こころはそんなにおだやかじゃなくて、それは3月の予定がとてもあわただしいから。

カレンダーのマス目と、数字と、文字とを見て
日々や頭の中の区画整理をしている。

あれをして、これをして、あれがああで、これがこうで。

ちょっと心もとないまま、今日も家を出た。

ちょっと心もとないまま、絵美ちゃん(関森絵美)と会った。

どうやら2人とも心もとないまま
異国の味タイカレーをたべた。

ひなまつりサービスで、女の子は500円だったので、贅沢してかりかり目玉焼きトッピングもした。

胃袋が落ち着いても心もとなくて、3月の風が余計にふわふわさせて、コーヒーを飲みに行った。

そしたら、絵美ちゃんが、広島の旅でのわたしのことばを教えてくれて

わたしは忘れてたことばが、かえってきて

そしたら、あ、心が少し落ち着いた。

生きるときには、生きるレベルみたいなものがあって

スケジュールの枠や、文字、数字のような、型のあるところに意識を置いてすごすことと

もっとその中の、スライムみたいにぐにゃぐにゃ変わるなにかに意識を置いてすごすこと

大きく分けてふたつあるようにおもう。

だから、そう、そのぐにゃぐにゃの部分に触れて、心がちゃんとゆらぐ場所思い出して

心もとないときよりずっと、ちゃんと着地点をみつけた。

これが最近わたしがずうっと口にしてる、ハードとソフトのバランス、ってはなしだとおもうんだけど

ほんと、それなんだよな。

心がゆらげる場所があれば、失わず、奪わず、ちゃんと欲しいものをもとめてゆけるよな。

そうおもって、深い深い深呼吸をした。

心の位置がまたととのった。


さて、きょうから月末にある東葛スポーツの公演練習が始まります。

ぐんと身を置いてたのしもうとおもう。

全身で浴びなくちゃ、ものごとの真ん中の美味しさは味わえないな。

東葛スポーツ『金町◯屋書店』
ご予約開始致しました。
【構成】金山寿甲
【出演】墨井鯨子(ほりぶん)、川崎麻里子(ナカゴー)、椎橋綾那、福永マリカ
【日程】3月25日〜28日
【会場】神保町SOBO
ご予約、詳細はこちらより→tokatsusports.com/index.html

2016年3月1日

隔たりのない冒険

本日はWOWOWぷらすと
テーマは『イニャリトゥの冒険』でした!

昨日、2年連続のアカデミー賞を受賞したアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督。

わたしは
昨年アカデミー賞を受賞した『バードマン』
『21g』
『バベル』
『ルド&クルシ』(これは監督作ではないのですが)
をみました。

どの作品も描く世界の大きさはちがうのですが、なんとなく描いているものの真ん中みたいなものは変わっていない気がして

どんなに大きな事件が起ころうと、結局あんまり変わらない世界を描くところなんか

世界はそれでも回るよな、とか
現実ってこうだよな、とか
人ってそうそう変わらないよな、とかおもうんだけど

それって失望と違って

意外とその変わらないことが大切だなって感じたりして。

最近、広島に行ったこともあって、平和ってなんだろってすごくおもうんだけど

そばにいる人を大切にできないと、やっぱり遠くの人は救えないし

小さな世界のことをちゃんと知らないと、大きな世界のことは想像できなくて。

大きな争いや事件も、本当は小さな嫉妬や、
小さな自尊心から生まれていて

それを愛でることができたら、ゆるすことができたら、

とかそんなことおもってて。

イニャリトゥの映画をみていて、ひとり、ひとり、の、
その人にしか見えない世界と、
その人には大きな世界とがあって、
大小どんな世界を描いても、

おなじ、ここ、にある、
まんまるで、ふくれたり、しぼんたり、消えたり、弾けたりするそれが鮮明に描かれていて

それがたまらなく、きた。

どんな世代でも時代でも国でも性別でも、
いろいろな境を越えて
誰もが持っているどこかにくるから、イニャリトゥの映画ってすごいのかなあ
と、勝手に感じていたりしました。

また好きな監督が増えてうれしい。

どんどん描きたいものを描く術に挑んでいく姿を、ずうっと見続けていたいです。

本日もご視聴いただき、ありがとうございました。