ほしいまま


『崖の上のポニョ』をみて

ああ、上善如水、だなあ、というか

世に言われる常識とか、言葉だけで仕入れた知識なんかよりも

そのものが、そうあるように、あるということが

なによりもたいせつだよなあ、とおもっていた。

そんなことをおもいかえしながら、

いちにちのおわりに電車に揺られていたら

目線の先に、夏に出会った少年を見つけた。

その少年は、私とまるきり誕生日が同じで

そのことで、夏にひと盛り上がりをした。

声をかけることに1分ほどまよったけれど

今声をかけないと二度と会えないかもしれないし

なんだかそういうことのような気がして

立ち上がって声をかけた。

その瞬間、遠くに座っていた少年の他人の顔が

ぱあっと顔見知りの顔に変わって

ああ、声をかけて、ほんとうによかったとおもった。

わたしたちは、目一杯の誕生日前祝いとして

たがいに盛大な拍手を送ってわかれた。

きっとまた会えると思う。

今日は、三日月に金星がとっても近づく夜で

ほしのめぐりを、うんとかんじた。

ずっとよい日々を暮らすって

まいにちたゆまぬ努力をしつづけることじゃなくって

どんなにとびきりの幸せが舞い降りても

どんなにどん底に突き落とされても

このおだやかなしあわせを力強くまもってゆこうとする

そういうことなんじゃないかなあと

なんとなく、かんじた。

人気の投稿