日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
12月23日(土)30日(土)9:00〜
ご予約はこちら

朝劇下北沢プロデュース
『夜に生きて、』(出演)
作・演出 松澤くれは
@CAFE VIZZ
12月16日(土)9:00〜
完売いたしました。

◉日本劇作家協会主催リーディングフェスタ
『食べるを読む』
12月16日(土)
@座・高円寺
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』
上映会&ライブ
12月17日(日)18:30〜
@下北沢・近松
詳細はこちら

◉一人芝居フェスティバル
APOFES2018』出場決定
作・演出 福永マリカ
出演 関森絵美
1月17日(水),21日(日),28日(日)
@千歳船橋APOC THEATER
ご予約はこちら

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2017年1月21日

「でる」

鵺的『フォトジェニック』の記録

さて、今回の「シークレット出演」。

劇場にお越しいただけた方のみ
その秘密をおたのしみいただけたわけです。

だけどせっかくなので、
どんなふうに「シークレット」だったのか

ざざっとまとめてみようと思います。

ご覧頂いた方も、ほくそ笑みつつおたのしみください。


①シークレットチラシ
おさらいですが、これもわたし。
まずはここからはじまりました。
手タレデビューでもあります。

②開場中アナウンス
上演中の諸注意などをお伝えする
アナウンスを担当しました。
アナウンスデビューでもあるはずです。

③映像パート1
物語のはじまりとなる映像にも
カメラのフラッシュの間、
視認できないレベルの瞬間で、そこにおりました。
監督:手塚悟さん 撮影:岩永洋さん
人物デザイン:林摩規子さん 
出演:ハマカワフミエさん 橋本恵一郎さん
大晦日の豪華な布陣で、紅白撮影合戦。

③映像パート2


笠島智さん演じる、
怪奇現象に襲われたモデルの腕を代役しました。
腕タレデビュー。

④紙袋の人
主人公のカメラマンに頼まれて隠しカメラを設置する、
紙袋を被った謎の協力者、
これもわたしでした。
お金を受け取ると成長して手が生えてくる、
という設定にしてました。



⑤映像パート3

とみやまあゆみさん演じる、
中野サンプラザで待ち合わせのオカルトライター。
その後ろをちらり。
駅のホームに、ちらり。
手塚監督、とみやまさん、制作の加瀬さんと
悪巧みの顔。
サプライズの準備、のきもちですね。
高揚しておりました。

そういうわけで、気づけば全映像パートに、
ひっそり大胆出演コンプリートしていました。
おわかりいただけただろうか…


⑥電話出演
物語も終盤。
橋本恵一郎さん演じる主人公のカメラマンに、
生電話しておりました。
楽屋にはこのような装置があって、
その時が来たら舞台上とつながります。

そして、電話を終えると
舞台の上に姿をあらわし、ついに出演。
カーテンコールで「内緒だよ」と幕を閉じる、
という仕掛けでございました。



…いかがでしょう。

はじめからおわりまで、
ずうっと、いたでしょう。

こんなに様々な形で出現するとは、
ほんとうにぜいたくです。

たくさんの場所で、
たくさんのかたとご一緒できて
それがまた、とてもうれしかった。

水面下に存在し続けて、
裏も表もたっぷりあじわいました。

おまけ
ロビーで販売していた
オリジナルポスターのポップも、つくりました。
せっかく重厚なポスターなのに
文化祭みたいになってしまって、反省してます。