◉一人芝居フェスティバル
APOFES2018出品作品
『けつろ』
作・演出 福永マリカ
出演 関森絵美
1月17日(水)17:30
21日(日)19:00
28日(日)16:00
@千歳船橋APOC THEATER
¥1500
ご予約はこちら


日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
1月6日(土)、20日(土)9:00
ご予約はこちら

◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2017年3月8日

かなめ

演劇って必要かな、と思うことが

ちゃんとある。

演劇をしている人間だから、こそ

ちゃんと、ある。

芸術なくたって生きていける問題は

たぶんもう永遠のテーマで

それでもそれを作り続けていると

それなりにぶつかる。

だから、よい演劇を観ることができたときは

もう、とてもとてもうれしい。

存在してていいんだって思えて

とてもとても、うれしい。

人の人生を変えようなんて、そんな大層なことは思わない。

だけど

生きてていいよ、今日も、明日も、

って思えるようにいたいし

観てくださった人もそう思ってくれたら

とてもほっとする。



必要じゃなくったってつづける。

わたしがわたしを必要とする限り、つづける。