◉一人芝居フェスティバル
APOFES2018出品作品
『けつろ』
作・演出 福永マリカ
出演 関森絵美
1月17日(水)17:30
21日(日)19:00
28日(日)16:00
@千歳船橋APOC THEATER
¥1500
ご予約はこちら


日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
1月6日(土)、20日(土)9:00
ご予約はこちら

◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2017年4月1日

きどうのひ

photo by Keiichiro Hashimoto

4月1日。

フリーランスになって、まる2年がたちました。

軌道にのる、とは、ほんとうによくいったものだなあとかんじた時間で

それは、何かを手にしたり、評価を得たりしてゆくことではなく

ずっと、すぐそばで、実はめぐっていた
わたしに寄り添う宇宙の軌道のようなものに

すいっとからだがのって

そこからは川の流れのように
あらゆることがはこんでゆくというか

そんな実感があって

いまわたしは、ある軌道にのったのだと、おもっています。

ものごとをあるがままにうけとめ

たいせつなものをひとつひとつだきしめ

きがついたら

ここにきていたような、気がします。

いま、わたしにはやりたいことがたくさんあって

みたい場所がたくさんあります。

なによりも、わたしのからだが、そのなかみが

どこまでゆくのか

きっとその無限のなにかを、ずっとみていたいのだとおもいます。

そんなふうにおもえるのも

そんなわたしをみつけてくれたのも

いつもまわりにいる、ひとりひとりがいたからです。

もう、どこにいっても大丈夫って、気がします。

どこへでも、ゆけます。

大丈夫なわたしになりました。

いつも、いつも、ありがとうございます。

ここから、またいっそう、はげみます。

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。