◉一人芝居フェスティバル
APOFES2018出品作品
『けつろ』
作・演出 福永マリカ
出演 関森絵美
1月17日(水)17:30
21日(日)19:00
28日(日)16:00
@千歳船橋APOC THEATER
¥1500
ご予約はこちら


日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
1月6日(土)、20日(土)9:00
ご予約はこちら

◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2017年4月6日

うりかい

しらないひととできる

ゆくすえのないはなしは とてもたのしく

きょうも骨董屋のおじさんと

ゆくすえもないはなしを たしなんだ。

おじさんは

「お茶を買いに行ったのに、
あんまりに気持ちいいから
店先で日向ぼっこして
ついにはお茶を買うのを忘れてきちゃったよ」

というもんだから

「目的を忘れられるなんてさいこうじゃないですか」

とわたしはいった。

はなしながら、

目的のろうそく立て以外に

気にいるゆびわはないかなあとさがしてみたけど

ゆびにしっくりくるものがなかったから

目的どおり、ろうそく立てだけ買った。

「あなたなにしてるの?」

「役者でーす」

「そう、役者の卵かあ」

「そうでーす」

「売れそう?」

「売れちゃうかも!」

「おー、本当に売れそうだ」

120円を払って

売れるらしいわたしはひらひらと去った。