◉一人芝居フェスティバル
APOFES2018出品作品
『けつろ』
作・演出 福永マリカ
出演 関森絵美
1月17日(水)17:30
21日(日)19:00
28日(日)16:00
@千歳船橋APOC THEATER
¥1500
ご予約はこちら


日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
1月6日(土)、20日(土)9:00
ご予約はこちら

◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2017年5月4日

青く萠ゆる

15年前にお世話になっていた人を
道端で見かけた。

声は、かけられなかった。


行ったことのない場所に行った。

行き帰りの道程に一番、感じることがあった。


誰かの願いが届いた。

やったあ、と思った。


洋服を衝動買いした。

すぐさま身につけて歩いた。



6年分の音楽とボイスメモのデータが消えて無くなった。

それ以上に聴きたいものがあったから、あまりショックじゃなかった。



ぽつんぽつんと起こったことを並べた。

何を結びつけることもなく、並べた。

どれに痛みが伴って

どれに痛みが伴わないのか

わかった。

まだその傾向については考えてなくて

痛いことを痛いと、口に出してみることから

はじめてみることにした。

痛みをなくす必要よりも前に

その事実を、ちゃんときいてやることにした。