◉一人芝居フェスティバル
APOFES2018出品作品
『けつろ』
作・演出 福永マリカ
出演 関森絵美
1月17日(水)17:30
21日(日)19:00
28日(日)16:00
@千歳船橋APOC THEATER
¥1500
ご予約はこちら


日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
1月6日(土)、20日(土)9:00
ご予約はこちら

◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2017年5月7日

成る程に

「なるほどな」と
あたまのなかが、よく、いう。

これまでのこととか

これからのこととか

その真ん中あたりのいま感じることとか

なるほどな、と、おもうみたいで

なるほどな、って、いっている。

いっているなあ、とおもっていたら

こんばんは

「そのようだったな」といっている。

そのようだった、のだ。

そのようだった、ところから、

そのようじゃない、ところへ、きたから

なるほどなあ、とおもうのだった。

しおのかわりめで

なにかが飽和したり

淘汰されたり

呼び名もしらぬことがおこるのを

みているからなのだった。