◉一人芝居フェスティバル
APOFES2018出品作品
『けつろ』
作・演出 福永マリカ
出演 関森絵美
1月17日(水)17:30
21日(日)19:00
28日(日)16:00
@千歳船橋APOC THEATER
¥1500
ご予約はこちら


日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
1月6日(土)、20日(土)9:00
ご予約はこちら

◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2017年8月7日

むだい

いちいちしみいる。

いちいちしみいるのである。

漬物がうまい。

おひたしがうまい。

めかぶがうまい。

自然物のミネラルが、いちいち、しみいる。

ひとがやさしい。

空気がおいしい。

つきがうつくしい。

自然物のミネラルが、いちいち、しみいる。

枯渇の先のよろこびというものなのかしら。

こういうのを知っているから

どうにも飽和することからのがれてしまうし

満たされることを拒否してしまうところがある。

食事に行った店の店主が、わたしを連れて行ってくれた常連である彼女に
「はじめてですか?」と聞き

彼女が「よくきてますよ」と返したのを見てとっさに

「いつも記憶が新しく更新されてよいですね」と返したのだけど、
いまおもえば皮肉でしかなかった。申し訳ない。

とにかくおいしかった。
おいしかったので皮肉をこめる所以はなかった。ご理解いただきたい。

部屋の掃除をする気持ちが湧いてきたし

布団を洗って干して、いただいたアロマスプレーを枕にかけて眠るのもたのしみ。

散歩に出かけておいしいコーヒーをのみたいし

そのあいまで事務作業をすませるのもたのしみになった。

確証はないけど大丈夫なあしたをきっとみつめて
きょうそばにいてくれるひとの表情の一つ一つを手に取りたい。

必要なことは必要なぶんだけ、必要なときにやってくるし

気を急いだりしなくても
湧き水のように何かが溢るる瞬間はきっとやってくる。

それだけで、大丈夫なのだとおもう。