日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
3月、朝劇下北沢200回記念&千秋楽公演!
ご予約はこちら

観劇三昧下北沢店1周年記年イベント参加
『路上演劇祭』
2月17日 13:00〜13:30
@観劇三昧下北沢店前
(福永不参加)

トークとライブのイベント開催
『朝の会』
2月24日(土)9:00
@CAFE VIZZ
ゲスト:おとなり
チケット発売は2/7


◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2017年9月9日

ケイオス

好きな路地を見つけて

そこでの暮らしを想像する。

コーヒーがあって、カレーがあって、
日々のポケットみたいにあんしんの路地。

今ない暮らしを想像する。

とてもいいな、とおもう。

うるわしいとおもう。

とおくへむかうきもちはつづく。

だけどその路地に下北沢の幻影をみて

だから下北沢がすきなのだとあらためてかんじる。

とおくからちかくへ

ちかくからとおくへ

ひともまちもそんなふうに。



ひさびさに全身をうごかした。

全身で受けとめて
そのまちの風のやわらかさやあかるさをみた。

今年はどこまで走るんだろう。

だれと走るんだろう。

どんどんカオティックになってきて

喜怒哀楽もいそがしいけれど
カオティックなまるごとをしんじるからだでありたい。

わたしのからだに必要なものは
日々生きてから決める。

生きながら決める。

喉が渇いたら水を飲むように
生きながら決める。

そのためには
喉が渇いた感覚に嘘をつかないこと。