◉一人芝居フェスティバル
APOFES2018出品作品
『けつろ』
作・演出 福永マリカ
出演 関森絵美
1月17日(水)17:30
21日(日)19:00
28日(日)16:00
@千歳船橋APOC THEATER
¥1500
ご予約はこちら


日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
1月6日(土)、20日(土)9:00
ご予約はこちら

◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2018年1月13日

だいちょうぶ



さいきんのここちの話をしたら

姉から「体得したんだね」
という言葉をもらって

はあ、
「体得」ということばを、体得した心地がした。

こういう
「わかる」という瞬間を浴びると
「わかっていない」ことがよく「わかる」。

わかったことなんて
まだ片手でかぞえられるくらいかもしれない。

メダルの数みたいな
賞状の数みたいな
そういうイメージ。



このごろ、人と生きるうえでなんとなく
みつけたからだの感覚があるのだけれど

きのう、それが

去年の春頃に夢で

「自分がいろんな国の大地になって、いろんな人を大地としてみていた」

あのときのからだの感覚に
似ているとおもった。

そういえばその夢を見た朝
こうなれたらいいなって、おもった。

わたしはわたしで
あなたはあなたで

なにもすることはできないけれど

てをひろげて
めをつむって
いることはできる

ような。

そうなれたらいいなとおもっていたからか

そう、からだが「慣れた」気がする。

なにもできない

生きてるうちにげっとできる
メダルや賞状の数は限られてるけど

でもそれでよくってそれがよくって

そのたいせつなひとつ、ひとつを
部屋に飾るのがわたしは、すきだな。




さて次回出演作品の
チケットが発売になりました。

今年の出演一作目になるんですね。

日々脈々と変化しているものでして
今はどんな風に芝居をするんだろうわたし。

たのしみです。

そんなふうにしてやってます。

ぜひみにいらしてください。

きっといいです。

下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北沢駅前劇場
下北沢駅南口目の前

脚本・演出 ハセガワアユム(MU)

詳細はこちら

チケットご予約はこちら

いい年になるように
いい一作目にいたしましょう。
よろしくおねがいいたします。